« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

ドッグラン@辰巳の森→木場公園

29日の土曜日朝7時、今日は暑い!
他にワンコはいないので、思い切り爆走。気持ちよさそうにぶつかってくる。
走ってくるときにシェルティっぽく吠えるのだが、何回か走ってるうちに疲れてきて、勢いよく「わん!!」だったのが
だんだん「キャン!」になってしまいには「ひゃん!」になる、情けない!

しばらくしてチワワちゃんがやってきたが、ナンシー逃げる、情けない!
けっこう走り回った後、暑いんで次へ移動ー!

木場公園のドッグラン、今年できたばかりだそう。ふれあい広場の一画をしきって、ここは犬の体重7kgでわけてある。ナンシーは7kg以上エリアへ。
中央に木があるので木陰ができて飼い主にも優しいランですね。草刈をしたばかりっぽいのでワンコには走りにくいかも。でも自然とみんな木陰に集まるので、ワンコと戯れたり飼い主さんとお話ししたりとまったりできるランですな。

Img_0001_12

辰巳で走って木場でクールダウン。なかなか楽しいコースになりそう。

汚れているって?

やっと動画に撮れた。
羊1号の頭が好きみたい。

ドッグラン@辰巳の森海浜公園から代々木公園

Img_0001_84


芝生です。すてきです。緑のじゅうたん(少々はげはげ有)に走るシェルティの、なんと絵になることよ!!
朝、このドッグランは海が近いので潮の匂いがする。すっきり広々していて早朝は他のワンコが少ないので思い切り走らせられる。とても快適なのだがクールダウンできる日陰がない、暑くなると早々に撤退しなければならない。でも公園のほうは木陰もたくさんなのでお散歩は快適だね。

ドッグランでのナンシーは羊1号と羊2号の間をキャッチボールのように駆ける。思い切り駆けてくるそのうれしそうな走る姿を見るのは何物にも換えがたい至福のときである。そんな飼い主の幸せ時間のためドッグランをはしごさせられるナンシー・・・次はどこ?

Img_0001_9

代々木公園!

Img_0001_10

今日は10kg以上中型・大型犬エリアにも入ってみた。
サルーキにじゃれつかれて、キャンっ!て・・・すぐしっぽをまいてしまうのだ~
ナンシーに、他のワンコたちと一緒にかけまわれる日は来るのだろうか?

Img_0001_77
羊とばっかし遊んで・・・

頭やら耳やら

うちのワンコは飼い主の近くにあまりいない(ドッグランではべったりだが)。私は私、あなたたちは羊・・・と思っているのかどうか知らないが、べったりくっついてることはない。いつも少し離れた所にいて私たちを見てる、っていうか寝てる。私たちのどちらかが部屋を移動するときはさっと立ち上がってついて来る、台所へ行けば何かくれるのって顔して、リビングへ移動すれば遊ぶのかって期待に満ちた目をする。そんなときも少し離れてお座りしてる・・・かわいい・・・。
そんなナンシーだが自分からぺったりしてくる時がある。それは↓
Img_0001_89

羊1号がソファを枕に寝はじめるとナンシーはソファに飛び乗り羊の頭をなめ始めるのだ。髪の毛をがしがし漉くこともある。前脚を羊の頭にかけ、がしがしなめなめしながらソファからずりずりと落ちながら今度は耳をなめる。耳たぶを微妙に噛みながらはふはふしながら・・・何がそんなに楽しいのだろう?グルーミングをしてあげているつもりなのか?

Img_0001_88

あと、なめるといえば、お風呂上がりの私たちのぬれた足をぺろぺろする。くすぐったいのなんの。散歩の後、お風呂場で足を洗われるからって、そのお返し?濡れた足は汚れているわけではないのよ、ナンシーちゃん。

いよいよ8ヶ月才!

Img_0001_87

体重8.6キロ、グラマー・ナンシー!
フードも成犬用に。子犬用よりさらっとしていて、大きさもほどよく、カリカリとおいしそうに食べてる。6ヶ月くらいまで、お腹の悪玉細菌が暴れる事がよくあったけど、今のところ大丈夫。朝晩良好快便。
ナンシーは生まれて初めての夏を体験しているのだが、特に変わりはないかな。寝るところはフローリングが好きで、タオルとか敷いてあげてもホリホリしてはずしちゃう。んで、ごろっとへそ天・・・まあ、安心して寝てくれてるなら何でも結構。

週末はまたドッグランだ!

ドッグラン@代々木公園

水元公園のドッグランでアイリッシュセターとかジャックラッセルテリアとかに追い詰められたり乗っかられたり、舎人公園のドッグランでバーニーズやボルゾイに猛烈アタックされたりして怖い目にあった割りには、ドッグラン嫌いになることもなく、今日もこんな顔↓
Img_0001_81_2
で車に乗り込むナンシー。

代々木公園では追いかけられたり乗っかられたりすることなく、平和に過ごせた。いいドッグランだ、うん。
トライやブルーマールのシェルティさんたちもたくさんいてご挨拶できた、というか挨拶に来てくれたのに逃げるうちの子・・・。やはり追いかけられたり乗っかられたりのトラウマか?

いつもは私たちの側を離れないナンシーも、ここでは少し一人で歩きまわれたようです。気に入ってくれたかな?
Img_0001_83_3Img_0001_82_4

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »